二十七歳の地図

日記・詩・小説をつらつらと書き綴っています

Softly Love

桜をみてキレイだという そんなあの子がほほえましくて

街に出て無口になる そんなあの子がかなしくて

早起きして小綺麗に化粧をする そんなあの子がけなげで

人と作り笑顔で話している そんなあの子がせつなくて

 

あの子のことが ただふっと好きなんだ