二十七歳の地図

日記・詩・小説をつらつらと書き綴っています

Unhappy Man

俺は不幸者 夜を背負ってあるく

俺は不幸者 悲しみのにおいを追いかける

俺は不幸者 街の流れに逆らいつづける

俺は不幸者 孤独とは疎遠になった

 

だから 俺には本当の幸せがわかる

俺は生粋の幸福者