二十七歳の地図

日記・詩・小説をつらつらと書き綴っています

My Cigarette Butt

舗装された道路にはいくつもの吸い殻が投げ捨てられている

タバコは一時の安らぎを与えてくれる

だけど吸い終わるともう用なしさ

タバコから小さな安らぎを奪い取るとゴミ同然になっちまう

酒も女も同じ

俺たちはなにかから吸い取ることでしか満足できないのだろうか

与えたい!与えたい!与えたい!

この心を!