二十七歳の地図

日記・詩・小説をつらつらと書き綴っています

大人

かつては大人になることに憧れていた

でも実際になってみてわかった

そこには互いに身を寄せ合い、慰め合っているさみしがり屋たちの世界だった

さみしい気持ちをなにかで紛らわせ、日常で溜めたストレスの浄化が目的化した生活

あの頃、俺が憧れた大人とはなにもかもが違っていた

 

そして、いまはもう一度少年になりたい

若かりし少年だった俺が見ていた世界はもう見えない

失われた世界、二度と味わえない世界

代わりに得た世界はどこもかしこも地獄絵図さ