二十七歳の地図

日記・詩・小説をつらつらと書き綴っています

2016/6/7(火)

 今日も我らが広島カープは勝った。よかったよかった(ちなみに今日たまたま新井Tシャツ来てテレビ観戦してたら、新井さんホームラン打ってびっくり!)。

 しかしそんなこととはまったく無関係に、いま俺は猛烈に死にたいのだ。

 今夜は向精神薬をこれまでの2~3倍飲んでみたり、裸で尾崎豊熱唱してみたり、大音量で電子ピアノ弾いたりしてる。もちろんアルコールも入ってる。さいきんは酎ハイや発泡酒ハイボールではなく、リキュール系をストレートでラッパ飲みしてる。それでもあんまり酔わないんだよなあ。誰かと飲むとすぐ酔うのに、まったく不思議なことである。

 

 俺はずいぶん自由な生活を送ってるように見えて、実は毎日なにかしらイレギュラーなイベントが発生する。それがなにか具体的には言えないが、とにかく常人の数倍の浮き沈みを繰り返しながら日々生きている。くそーLSDとかやってみてえなあ。ドラッグやって音楽つくったり小説書いたり美術作品つくったりしてる連中ってたくさんいるよな(世界的には)。日本は大麻も禁止か…まじでデパスみたいな向精神薬しかねえからな。強度がまったく違うよ強度が。

 

 あーまだ5月公開で見たい映画が3本残ってる。早く観に行かないとなあ。6月も豊作だし、ちゃんとスケジュール組んで見ていけばいいんだろうけど。でもこんなに毎日のように映画見て何になるというのだろうか。

 俺は日本もイヤだアメリカもヨーロッパもイヤだ地球もイヤだ太陽系もイヤだ、エッジワース・カイパーベルトから外の宇宙だけはいい。あの宇宙に意識を飛ばしたい。日常の義務から解き放たれた精神を獲得したい。

 義務か…はたして義務とはなんだろうか。それはやらなくてはならないものなのだろうか。納税・勤労・教育はやらなければどうなる?この国の社会システムではいちおう生活保護というセーフティネットがある。国に生活を保護してもらう(ようはカネ)くらいなら死んだほうがマシだ。

 

 俺の最も好きな映画『タクシードライバー』のトラヴィスのように最後は死にたい(彼は結局死ななかったけれど)。

 You talkin' to me?

 You talkin' to me?

 何度鏡の前で真似したことか。退役軍人で精神おかしくなっちまった人間の末路は美しい。少なくとも俺はそう思う。自殺だろうが犯罪だろうが親殺しだろうが、この世界に対する反逆の意思を懸命に示そうとしているから。自分の手触りや確からしさを確認しようとしているから。

www.youtube.com

 

 もう26年も人間の中にいるのに人間のことがさっぱりわからん。つまらない知識ばかりが蓄積されていく。役に立つか立たないかなどどうでもいい。自分自身に情熱がないことが最大の問題なんだ。もうなにかに情熱を注げるほど純粋ではないし、すっかり大人になっちまった。

 

 明日、来月、来年と続く世界だけど、俺はしかるべきタイミングでひっそりと退場するよ。死の向こう側へ、意識とは違ったなにかを求めて。